キャベツダイエットの効果と成功方法


緑の野菜はカロリーが低く、多めに食べても太らないので、食べて痩せるダイエット方法に取り入れやすい食材です。そんな緑の野菜を食べて痩せるダイエット方法の代表格が、キャベツダイエットです。

キャベツを食べて痩せるダイエットが特に推奨される理由は、キャベツに含まれる食物繊維にあります。食物繊維には満腹感を与える効果があり、その食物繊維を多く含んでいるキャベツは、普段の食事の代わりに野菜を食べて痩せるこのダイエット方法と非常に相性が良いわけです。

ですが、いくらキャベツで満腹感を得られるとはいえ、キャベツ以外のものを一切食べないのは体に良くありません。食前にキャベツを約150グラム食べさえすれば、その後に普通の食事を(お腹一杯にならない程度に)食べても構いません。それでも効果は十分に期待できます。心や体に負担のかからない方法を継続する事が、食べても痩せる太らないダイエットを成功に導くコツです。



キャベツダイエットはリバウンドするのか?

キャベツダイエットには、食前にキャベツを食べる方法と、食事の代わりとしてキャベツを食べる方法の二通りがあります。一般的なのは前者の方法です。

問題なのは、「キャベツダイエットでリバウンドする可能性はあるのか?」という事ですが、結論から言いますと、そのような可能性はほぼありません。食前に食べるにしても食事代わりに食べるにしても、同じ事が言えます。

なぜなら、キャベツを良く噛んで食べる事で満腹感が得られるのもそうですが、キャベツに含まれる食物繊維にも満腹感を得る効果があるからです。満腹感を得られるという事は、空腹の反動で食べ過ぎてしまう心配が無い。つまり、リバウンドする心配も無いという事です。



キャベツスープダイエットとその効果

キャベツダイエットには、生のキャベツを食べるダイエットの他にも、キャベツスープを作って飲むダイエット方法があります。

これら2つのダイエット方法は、キャベツを使うという点では共通しているものの、それ以外は全く異なりますので、別物として区別されます。一般的には、前者を「キャベツダイエット」と呼び、後者を「キャベツスープダイエット」または「7日間脂肪燃焼ダイエット」と呼びます。

では、両者の方法は何がどう異なるのか?まず、前者は食前に生キャベツを食べて満腹感を得る事で、過食を抑える方法。それに対し、後者はその呼び名から推測できる通り、食事代わりにキャベツスープを飲んで脂肪燃焼を促す方法です。要するに、痩せるためのアプローチが異なるわけですね。

「結局、どちらのダイエット方法がより効果的なのか?」というのが気になると思いますが、それはケースバイケースです。毎日の食事をしっかり食べながら、時間をかけてゆっくり地道に痩せたいならば、通常のキャベツダイエット。逆に、リバウンドのリスクを背負ってでも短期間で急速に痩せたいのであれば、キャベツスープダイエットの方が効果的です。



夜キャベツダイエットとその効果とは

「夜キャベツダイエット」という、キャベツダイエットと似たような名前のダイエット方法を耳にした事がある方も少なからずおられるでしょう。

キャベツダイエットと夜キャベツダイエットはどう違うのか大変気になるところですが、両者の方法と効果に違いは全くありません。前者は朝昼夕のキャベツダイエットを指す名前であって、後者は夕限定のキャベツダイエットを指す名前であるというだけです。

それにしても、なぜ「朝キャベツダイエット」や「昼キャベツダイエット」という名前は聞かないのに、「夜キャベツダイエット」という名前はあちこちで目にするのか?それはやはり、TV番組「おもいっきりテレビ」での紹介や、夜キャベツダイエットの書籍が出版された事による影響でしょう。