寒天を食べて痩せるダイエット方法と効果


食物繊維は食べ物の成分の一種で、食べて痩せるダイエットとの相性が良いという事でも知られています。食物繊維は満腹感を与える効果がある他、ダイエットの天敵である糖分や脂肪の吸収を妨げる効果もあります。

ダイエットの天敵といえば他にもコレステロールなどが挙げられますが、食物繊維にはそのコレステロールを減らす効果もあります。食物繊維は、肝臓内でコレステロールが分解されて生じる「胆汁酸」を包み込んで体外に排出します。そうして体内の胆汁酸が不足する事により、さらにコレステロールが分解されるわけです。

そんな、食べて痩せるダイエットにうってつけの食物繊維が豊富に含まれており、なおかつ低カロリーで食べても太らない食品が寒天です。

寒天を食べて痩せるダイエット方法には「食前に食べる」「食事の代わりに食べる」の2通りがあるわけですが、後者の方法はあまりおすすめできません。

寒天はたしかに食物繊維を多く含んではいるものの、栄養に乏しい食品である事も事実です。ゆえに、食事を取らずに寒天ばかりを食べ続けてしまうと、栄養不足による諸症状を引き起こしかねません。

ですので、寒天を食べて痩せるダイエットを実践する場合、効果的なのは前者の方法、すなわち食前に寒天を食べて暴飲暴食を防ぎ太らないようにするという方法です。その場合は毎回5g前後でしょうか。低カロリーといっても食べ過ぎないように注意したいところです。

どちらにせよ共通する事は、寒天では足りない栄養をしっかりフォローした
食事構成にしようという事です。栄養にも気を配る事で、健康的なダイエット
ライフを送る事ができるでしょう。



デザートはもちろん幅広い料理に使える寒天のダイエット

幅広く使えるダイエット食材はいいものです。それさえあれば、少数の
ダイエット料理に固執する必要が無くなるわけですからね。そんな食材の
一つに挙げられる寒天。寒天ダイエットで代表的なのが寒天ゼリーですが、
これだけではなくかなり応用が利きます。

寒天の長所はダイエット効果のみならず、健康にも良いという事ですね。
といっても最初にも言いました通り、栄養価が高いというわけではないので
勘違いしていただきたくないところです。

寒天はカロリーが低く、さらに食物繊維が血流を良くし、また血圧上昇や
コレステロールの過剰吸収を防いでくれる効果があります。寒天自体が
健康にするというよりは、そのサポート役ですね。



りんごと寒天の合わせ技でより効果的なダイエット

ダイエット食材というものはそれ単体でも効果的なわけですが、食材の
組み合わせ次第ではさらに高い効果を発揮します。その組み合わせの一つが
寒天とりんごで、これら2つを混ぜて食べるダイエット方法があります。

寒天は低カロリーでありながら満腹感が割とある食べ物です。そこにりんごを
ミックスしたりんご寒天(これでも200カロリー程度)を食べ続ける事で、
普段の食事を余計に食べないようになるという効果が見込めます。また、
寒天とりんごのいずれにも血液をサラサラにする成分が含まれていますので、
生活習慣病にも効果的と言えます。

そもそもりんご寒天とはどのような料理かといいますと、あらかじめ水で煮た
寒天に、おろしたりんごを混ぜて冷やすという簡単なものです。寒天は粉で
OKです。また、りんごの見栄えが気になる場合は、おろす前に皮を剥いたものを
あらかじめ塩水につけておくのが良いでしょう。色が変わらなくなります。

長期間続ける料理ダイエットは、料理の味がなんとも言えないものであったり
不味かったりしては辛いものがありますが、そういう意味ではりんご寒天は
続けやすいと言えるでしょう。