車のエンジンのように効率良く脂肪を燃やす方法


人間の身体は、自動車のエンジンと良く似ています。自動車がガソリンからエネルギーを得て走るのと同様に、人間も食べ物からエネルギーを得て活動しています。

人間の身体が自動車のエンジンと大きく違うのは、人間の意志で余分にエネルギーを取り過ぎすぎてしまう事(=食べすぎ)と、その取りすぎたエネルギーを体内に蓄えてしまう事(=脂肪の蓄積)です。

人間の本来あるべき姿、すなわち綺麗に痩せた状態で活動するためには、食事を余分に取りすぎるのを抑え、なおかつ体内に溜まった脂肪を効率良く燃やす必要があります。

ただ、ここで注意しておきたいのが、食事を抑えるといってもあまり減らしすぎる必要はありませんし、脂肪を燃やすのにも辛い運動をする必要はありません。



食事の方法を変えるだけで、脂肪を効果的に燃やす事ができる

上手く脂肪を燃やす方法さえ知っていれば、食べるのを必死に我慢する必要は無く、むしろどんなに食べても痩せる事ができます。

食事の方法を変えるだけでも、脂肪を効果的に燃やす事ができます。ただし、毎日りんごやバナナやこんにゃくを3食の代わりに食べて痩せる、といったような方法ではありません。かといってサプリメントを飲むわけでもありませんし、炭水化物を抜くわけでもありません。

そのような方法で仮に痩せる事ができたとしても、その代償に自らの健康を大きく損なう事になるでしょう。健康に悪いのもそうですが、美容にも良くありません。体重が減っても、体の調子が悪く体型が崩れてカサカサ肌になってしまうのは嫌ですよね。



食べる事が逆に脂肪を燃やす事に繋がる?常識を覆すダイエット

世間一般の常識で考えれば、食べる事によって脂肪を燃やすなどありえない事のように感じます。しかし、食事を制限しなくとも脂肪を燃やす事はできるのです。

ダイエット(diet)という単語は、「食事療法」と訳す事ができます。しかし、その食事療法は「食事を減らして痩せる」という方法に限らず、「食事の仕方を変えて痩せる」という方法もあるのです。

基本的に、一般の方が取り入れるべきダイエット方法は後者です。なぜなら前者の方法は、栄養不足に陥りがちで美容・健康に悪いだけでなく、痩せた後のリバウンド率が非常に高い方法だからです。実際、あなたも過去に食事制限ダイエットで健康を損ねた、もしくはリバウンドしてしまった苦い経験があるのではないですか?

それに対し、後者の方法はそのような欠点が一切ありません。自分の体質を、脂肪を効率的に燃やす体質に変化させる方法ですから、普通に食べても痩せる事ができる上、リバウンドする事もありません。