食べないのに太る人、食べても太らない人の違い


いくら食べても太らず、スリムな身体を維持する人。その一方で、普段からあまり食べないのに太っている人。人によってこれほどの差が生じる理由は何故でしょうか。

まず、体が太る原因について考えてみましょう。体が太る主たる原因は、食事から得た栄養をきちんと消費できていない事です。食事を食べる→体内で消化吸収→栄養を消費、という流れの中で、どこか1つでもバランスが崩れると栄養過多になり、脂肪として体に溜まって太るわけです。

つまり、いくら食べても太らない人は、体内での消化吸収と栄養消費が活発であり、あまり食べないのに太る人は、その逆という事になります。


食べても太らない体質に改善して痩せるダイエット方法