低インシュリンダイエットは効果があるのか


低インシュリンダイエットとは、その名のごとくインシュリンの分泌を低下させて痩せるダイエットですが、そもそも"インシュリン"とは何か?また、なぜインシュリンの低下がダイエットに繋がるのか?

インシュリンはホルモンの一種で、血液中の糖をエネルギーに変えるよう促す働き、すなわち血糖値を下げる働きがあります。常に血糖値が安定した状態ならば特に問題はありませんが、血糖値が急上昇すると果たしてどうなるか?

その急上昇した血糖値を下げるためにインシュリンが過剰分泌され、血液中の糖がどんどんエネルギーに変わっていきます。それだけならばよいのですが、有り余ったエネルギーが脂肪として体内に溜まってしまうのが問題です。なぜインシュリンを低下させる事がダイエットに繋がるのか、おわかりいただけたかと思います。

さて、そんな低インシュリンダイエットですが、実際痩せる効果はあるのかどうか?答えはYesです。ただし、痩せた方の多くは程無くリバウンドします。

なぜなら、この方法は炭水化物(=糖)が含まれるご飯やパン等の主食を抜く場合が多く、健康にあまり良いとは言えない方法だからです。不健康でストレスの溜まる食生活は、暴飲暴食とそれによるリバウンドを招きます。