基礎代謝量を高め、食べても太らないで痩せるダイエット


既存のダイエットにウンザリしている方は、基礎代謝量を
高めて痩せるダイエット方法を試してみると良いかもしれません。

基礎代謝量を高めるという事は、10代の頃のような代謝が活発で
太りにくかった頃の体質に戻すという事です。あの頃は、ほとんど
運動などしなくても太る事はありませんでしたよね?

体質が変わるだけで痩せていきますから、無理に食事を我慢したり
運動するような既存のダイエットよりも遥かに簡単です。

そんな旨い話があるわけがない、と思われるかもしれません。
たしかに、ダイエットに限らず旨い話というのは滅多に無いものですが、
全く存在しないのかというとそんな事はありません。



基礎代謝量を上げる事で太りにくくなるダイエットとは?

人間は年を取るにしたがって太りやすくなる、という事は
ご存知だと思います。では、なぜそのような傾向があるのか?

人間は、毎日ある程度のカロリーを、特に何もしなくても消費します。
このカロリー量を基礎代謝量と呼びます。若い内は基礎代謝量
すなわち毎日の生活で自然と消費されるカロリー量が多いので
太りにくく、年を取るとその量が減って太りやすくなるというわけです。

だとすれば、もし基礎代謝量を自ら上げる事ができれば、
年を取ってしまった今でも若い頃のように太りにくい体になる
という事になりますね。

基礎代謝量を上げる・・・なんだかとても難しそうですが、実際は
全くそんな事はありません。基本的には食事を変えるだけで実現できます。



基礎代謝量を上げなければ痩せるのに苦労する

ダイエットには運動が有効とされています。特に、最近は
有酸素運動と呼ばれる運動が脂肪を燃焼させやすいとして
注目を集めていますね。

ですが、有酸素運動は誰でも高い効果を発揮できるというわけではありません。
特に、年齢の高い方は有酸素運動によるダイエットは不向きです。

人間は年齢を重ねるにつれ、基礎代謝量が低下していきます。
基礎代謝量が低下するという事は、日々の生活で最低限消費する
カロリー量が減少するという事。すなわち、高齢であればあるほど
カロリーを十分消費して痩せるには長時間の運動が求められます。

中年・高齢で長時間の運動ダイエット・・・。ほとんどの方が長続きしません。



運動するより楽に基礎代謝量を上げる

1日に何もしなくても必ず消費されるカロリー量、基礎代謝量。
この基礎代謝量は加齢によって徐々に下がるとされていますが、
他の要因によっても下がる可能性があります。

その要因とは食事です。痩せるためだからといって急激に食事を
減らしたりすると、体もそれに応じた分のみのカロリー消費を
行うようになります。この場合ですと基礎代謝量が減る事になります。

まあ、そんな事はおかまいなしに食事を減らし続ければ
基礎代謝量が多少下がろうと痩せる事は可能なのですが、痩せた後の
リバウンドも早いでしょうね。基礎代謝量が減っている状態ですから、
食事量を増やした途端に体型も元通りです。

ダイエットを成功させるには、基礎代謝量を下げる方向ではなく
むしろ上げる方向に自分の体をもっていきましょう。



基礎代謝量を上げるダイエットなら、スイーツだって食べられる

ダイエットにおける食事制限というのは、何も朝昼晩の3食に
限りませんよね。スイーツやスナックなどおやつを食べるのも
ダメですし、お酒を飲むのだってNGです。

そこまでして痩せる事ができたとしても、そのぶんストレスの
溜まり具合も尋常ではありません。多大なストレスは健康・美容に
悪影響を及ぼしますので、できればストレス無く痩せたいところです。

ストレスを溜めないで痩せるには、食べながら痩せる事。
でも、そんな事ってできるものなのか?できるんです。

基礎代謝量を上げる事によって、食べても太らない体質を作り上げる
ダイエットならば、スイーツをいくら食べたって平気です。