太りやすい体質であっても、痩せやすい体質に変える事は可能


「人間は太りやすい人と痩せやすい人に分かれる」なんてよく言いますよね。
遺伝や生まれつきの体質によって、太りやすい人・痩せやすい人がいるのだと。

たしかに、親が太っているとその子供も同様に太る、などというのは
実際によくある話です。

それだけならまだしも、「太りやすい体質の人は痩せるのが非常に難しい」
などと主張する人がいますが、これに関してはどうかと思いますね。

なぜなら、太りやすい体質は後からでも変えられるからです。
ダイエットに限っては、遺伝で全てが決められてしまう事はないのです。



怠惰な生活を抜け出して痩せやすい体になる

サプリメント、通販器具、食事制限、運動、マッサージ・・・
色々なダイエットがありますね。あなたが今までに実践してきた
ダイエットはどんな方法でしょうか。

まあ、どんなダイエットを実践したにしろ、おそらく
どれも大した結果は出ていないと思われますが・・・。

なぜなら、例えば上に挙げたようなダイエットですと、どれも
あなたの太りやすい体質を根本から解消する方法ではないからです。
あくまでも一時的な減量効果しか期待できません。

ダイエットに成功する鍵は、痩せやすい体を作る事です。
痩せやすい体作りは、上に挙げたような方法では実現が難しい。

痩せやすい体を作るためには、生活習慣を改める事です。
規則的かつ健康的な生活を送ってさえいれば、
毎日普通に食べても太る事はありません。



痩せやすい体とは脂肪が燃えやすい体という事

痩せやすい体とはどういった体の事を指すかといいますと、
主に体脂肪が燃えやすい体の事を指します。

体重が減りやすい体=痩せやすい体 と勘違いされる方が多いのですが、
厳密には正しくありません。減らす事によって外見の変化に
大きな影響を及ぼすのは体重ではなく体脂肪の方ですから、
体脂肪が燃えやすい体=痩せやすい体 が正しい事になります。

今現在ダイエットに励んでいる多くの方にとって、この事実は
喜ばしくない事かもしれません。体重を減らすだけならそれほど
難しくありませんが、脂肪を減らすにはより深い知識が要りますからね。



脂肪がつきにくい体になる方法

食べ物を我慢する事は、たしかに痩せる事に繋がります。ですが、食事制限は痩せると同時に栄養不足を招き、代謝機能を低下させます。

代謝機能が低いという事は、食事から得た栄養がきちんと消費されずに、脂肪として溜まりやすいという事。体重が減っても脂肪が減らないのでは、キレイに痩せるという目標を実現できません。

では、代謝機能を上げて脂肪がつきにくい体になるには、一体何をすればいいのか?まず、最初にも述べたように栄養不足が代謝機能の低下に繋がりますから、たんぱく質やビタミンやミネラル等の十分な栄養を取る事。

しかし、少しでも過剰に栄養を摂ってしまうと、今度は余った栄養が脂肪として溜まる事に・・・。栄養バランスの調整はとても大変ですが、基本的には自力で何とかしなければなりません。