運動で痩せるよりも食べて痩せる方法が良い理由


痩せるには運動するのが良い、というのが世間一般の常識ですね。
近頃は特に運動によるダイエットやシェイプアップが盛んで、
それらに特化したスポーツクラブやジムも存在するほどです。

実際、運動ダイエットで痩せる事は可能なのですが、運動を止めてしまえば
すぐに体型が元通りになってしまうのが問題です。痩せた後は最小限の労力で
体型をキープしたいところですが、運動ダイエットではそれが難しいのです。

では、痩せた後も体型を維持する事が簡単なダイエットにはどのようなものが
あるかといいますと、例えば食べて痩せるダイエットですね。

たしかに毎日の食生活を改めるダイエットならば、痩せた後も長く
続けやすいですよね。食べる以外に余計な事をしなくてよいのですから。

ただ、食べて痩せるダイエットと言いましても、巷によくある食事制限や
主食の置き換えダイエットなどというような方法ではありません。



食べて痩せる方法にも当たり外れがある

"ダイエット=食事を我慢して痩せる"が常識だったのも既に昔の話で、
現在は"ダイエット=食べて痩せる"が主流となりつつあります。

ですが、多くの方が実践している食べ痩せダイエットが適切なもので
あるかといいますとそうでもありません。

食べ痩せダイエットとして現在定着しているのは、普段の食事を違うものに
置き換えて食べるダイエットですが、この方法には少々問題があります。
食事を抜く方法よりマシではあるとはいえ、摂取する栄養に偏りが
生じやすいですし、なにより毎日同じ味ですぐに飽きてしまいます。
ダイエットは飽きずに長く続けられなければ意味がありません。



普通に食べても痩せる事は可能!常識にとらわれない適切なダイエット方法

多くの方は、普通に食べても痩せるなんてありえない事だと思われるかも
しれません。ダイエットといえば、食べるのを我慢して痩せる事が
世間の常識となっていますから。

しかしながら、その常識は大きな誤りです。食事制限によるダイエットでも、
たしかに痩せる事は可能ですが・・・痩せた方の大半は、すぐに
リバウンドして元の体重に戻っています。

なぜ、食事制限ダイエットでは痩せられないのか?痩せてもすぐに
リバウンドしてしまうのか?それは簡単な事です。「食事制限が適切な
ダイエット方法ではないから」ただそれだけの事です。世間の常識が
必ずしも正しいとは限りません。

食事は普通に食べても構わないのです。痩せるために重要なのは、運動で
カロリーを消費する、もしくは今の体質を痩せる体質に改善する事。

運動でカロリーを消費して痩せられるならそれに越した事はありませんが、
長続きせずに挫折する方があまりに多いのが現状です。そこでもう一つの
方法、すなわち体質改善によるダイエットを提案します。