太る原因はアレルギーにもある?


ダイエットの大敵である太る原因はカロリーにある、というのが一般的です。
まあ一番の原因はそうでしょうが、その他にも、アレルギーにもあるという
説がありますね。2011年のテレビ番組「不可思議探偵団」の特集でも
説明されていました。アメリカの女性肥満モデルに検査を行ってみたところ
判明した、遅延型食物(フード)アレルギーと呼ばれる症状が、太る理由の
一つの可能性として考えられる、という内容です。

さて、この遅延型フードアレルギーはいかにすれば未然に防げるかといいますと、
数多くの種類の食品を、できるだけ偏らずに食べるよう心がける事で
発症しにくくなるようです。健康的に食事していれば問題無いわけですね。

では、この症状にかかってしまった場合の対策は?といっても、日本では
このアレルギーにかかっているかどうかを検査する術が無いわけですが。
もし、自分で怪しいと感じた時は体質改善に取り組みましょう。具体的には、
主に腸に現れる症状ですので腸内環境を改善します。

自分が太る原因が、本当に遺伝のせいだと思っていますか?


最近はようやく減ってきた気がしますが、今でも
自分が太る原因が遺伝にあるのではないか?
と考える方が、男性女性を問わず多くいらっしゃいます。

しかしながら、親の遺伝のみを原因として太る確率は
それほど高くないのです。

続きを読む

加齢と共に太る事への対策


悲しいかな人というのは、加齢と共に太るよう体ができてしまっています。
もちろん勝手に太るわけではないのですが。
正確に言いますと、加齢で基礎代謝量が減ることで、
若い頃と同じ食事量では余剰カロリーにより太ってしまうわけです。

つまり、ある程度お年を召された方の場合ですと、
食事量を少し減らすという事を継続的に行っていく事が、
加齢で太る事への有効な対策となります。

食事量を減らすといいましても勘違いしてほしくないのが、
例えば1日3食の中の1食を丸々抜く、というようなダイエットを
推奨しているわけではありません。それぞれの食べ物から
少しずつ減らしていく感じで、栄養バランス等に配慮しましょう。


↓簡単な事から始められる、中年親父が痩せる方法公開中
詳しくはこちらをクリック

ダイエットの減量ペースはややゆっくり


ダイエットの減量ペースはややゆっくりがベターです。なぜなら、体を急激に変化させると、必ずと言っていいほど反動が返ってくるものだからです。

負荷の高い筋トレは、すぐに太い筋肉がつく一方で衰えも早い。勉強における短期間の集中暗記は、忘れてしまうのがとても早い。ダイエットもそれらと似たようなもので、急激な減量はその反動で過食等を招き、リバウンドしてしまうものです。

続きを読む