無理な食事制限ダイエットで減量した結果どうなるか


「ダイエットはライフワークそのもの」と、特に女性で
考えている方が多いですが・・・。

絶対痩せたい!ダイエットに成功したい!という気持ちは
わかりますが、間違ったダイエット法を実践するとどんな恐ろしい
副作用が待ち構えているか、しっかり確認し認識していきましょう。

例えば、ダイエットの代名詞でもある食事制限。dietという言葉には
本来食事療法という意味があり・・・っと話がそれました。
それはさておき、適度な食事制限による減量はまったく問題ありません。

しかし、特定の食品やサプリメントばかり摂取する偏食、一切食べない
絶食・断食、そこまでいかなくても、食事回数を減らすなど・・・
こうした無理のある極端な食事制限は危険です。

こうした減量でも体重は減るものの・・・解説しますと、これは
脂肪よりも筋肉が落ちた結果です。筋肉が落ちれば、脂肪が燃焼する
能力が落ちます。すると、どうなると思いますか?

体重が減少しても「脂肪がなかなか減らない体」になってしまい、
結局リバウンドしてしまうのです。

リバウンドしたらまた食事を抜けばいいや・・・、
と、栄養バランスを無視したキケンな食生活を続けていくと、

肌はボロボロ、髪はパサパサ、生理は止まる、口臭・体臭がする
脂肪は燃焼しない、冷え性の悪化・・・

あなたの「見た目」「スタイル」「体の中身」は、健康的とは
程遠くどんどん醜くなっていきます。そして、またリバウンド。

これでは、体を動かすのも大変です。体調が悪い人が、
元気に運動している姿は想像できませんよね。

さらにリバウンドし、○kgと肉が増加するといつもより
重くなっていますので、体を動かすこと自体、
おっくうになります。

こんな「正常じゃない体」で、いきなり長距離のジョギングや
1時間以上のウォーキングをはじめるには相当な覚悟が必要です。
そして、これらを長く続けるには、相当な根性が必要なことも
想像できます。

こんな、つらいことを決意し、そして持続できる人は一握りです。
あなたが、もし今できていればすでにキレイに痩せてスタイルを
キープできているはずです。

無理なダイエットはやめましょう!

あなたの体に無理な負担をかけるダイエットではキレイに
痩せることは難しいです。もしも、それで痩せたしても、
スタイルが崩れて周りの人からキレイになったと言われない
痩せ方だったとしたら何のためのダイエットでしょうか?

まず、あなたの体に負担をかけないように、以下にご紹介するような
自然に痩せていく方法をマスターしてください。自然に逆らわない
方法なら、手間もお金もかかりませんし、辛くもありません。

詳しくはこちらをクリック

しかも日常生活の空いた時間で、簡単かつ手軽にダイエットできる
方法なら、普段、忙しくて時間の無い人でも、長く体に優しく
ダイエットを続けることができるでしょう。その上この方法は
効果的。

詳しくはこちらをクリック

食事制限を行っても思うように痩せない理由


スポーツなど運動を行う事で脂肪が燃焼する事は多くの方がご存知ですが、
食べ物を体内で消化吸収する過程でエネルギーを消費し脂肪が燃焼する事は、
あまり知られていないようです。

「って事は、もし食事制限なんかしたら・・・」

そうです。食事制限を行えば、食べ物の消化吸収があまり行われなくなるわけですから
エネルギー消費が少なくなり、脂肪が燃えにくくなります。食事制限を行った結果、
見た目がほとんど変わらなかったり、体重が減った直後にリバウンドしたりと、
思うように痩せない方が多いのは、こうした理由によるものです。

「食事はしっかり食べなきゃ駄目で、運動で痩せるしかないのね・・・」

たしかに、食事制限などせずしっかり食べるべきですが、食べ方を工夫すれば
運動に頼りすぎず手軽に痩せる事が可能です。その方法に興味がある方はこちらへ。

詳しくはこちらをクリック

肉を食べなければ中性脂肪を下げる事はできますが・・・


肉を食べる事は中性脂肪を増やす原因である事から、ダイエットの
大敵とされています。

逆に言えば、肉を食べるのをやめれば当然その分の中性脂肪は下がるわけですが、
その代償として美容や健康を損ねる事となってしまいます。
肉には三大栄養素の一つであるタンパク質や、美容の要である
コラーゲンなども含まれていますからね。

続きを読む

炭水化物ダイエットはむしろ失敗と言うべき


一時期、炭水化物ダイエットというのが盛り上がっていましたね。
普段の食事から米や麺など炭水化物の含まれたものを減らす、もしくは
完全に除くダイエット方法で、一応は痩せる効果があるのですが・・・

炭水化物を抜いた食生活を続けていると、脳の働きが鈍くなったり
体調を崩すなど身体に悪影響を及ぼします。

続きを読む

食事制限による減量で困る事


「食事制限して減量するぞ!」と張り切って実行するのは簡単ですが、
そんなにたやすく継続する事はできませんよね。

毎日あなた一人で食べるのならいいですが、職場での食事や友人との外食など、
食事を残せない場面というのがどうしても出てくるはずです。
残せないというのは言い過ぎかもしれませんが、いざそういう場面では
全部残さずに食べざるをえないでしょう。

続きを読む

低インシュリンダイエットは効果があるのか


低インシュリンダイエットとは、その名のごとくインシュリンの分泌を低下させて痩せるダイエットですが、そもそも"インシュリン"とは何か?また、なぜインシュリンの低下がダイエットに繋がるのか?

インシュリンはホルモンの一種で、血液中の糖をエネルギーに変えるよう促す働き、すなわち血糖値を下げる働きがあります。常に血糖値が安定した状態ならば特に問題はありませんが、血糖値が急上昇すると果たしてどうなるか?

続きを読む

強迫観念を捨て、拒食症や過食症を未然に防ぐ


適切な方法でダイエットすれば、それほど労力もかからず、毎日普通に食べても痩せる事ができます。過酷な運動で痩せる、食事を減らして痩せる、などという非効率的な方法でダイエットする時代は既に終わったのです。

にもかかわらず、いまだに多くの方がこのような非効率的なダイエットを続けています。そして案の定、大半の方が結果を出せずにストレスばかりを溜めていく。でも、どうしても痩せたいから運動も減量も止められず、強迫観念に囚われながら間違ったダイエットを続ける。そして身も心もさらにボロボロに・・・。

そんな負の連鎖を繰り返した挙句、最悪の場合には拒食症や過食症を引き起こしてしまうわけです。

「痩せるために食事を減らさなければ」「痩せるために必死に運動しなければ」そのような間違った常識・強迫観念は直ちに捨て去りましょう。もはや今の時代の主流は、今からご紹介するような、食べても痩せる太らないダイエット方法なのです。


続きを読む