カロリーゼロにこだわる事で、太らない代償として被るデメリット


摂取したカロリーの中で余分なだけ脂肪に置き換わる仕組みですから、
太らないためにカロリーゼロの食品にこだわる事は、一見正しい事のように
思えます。が・・・人間は生きていくために最低限摂取すべきカロリー量
というのが存在しますので、摂取カロリーを減らしすぎるのも問題です。

また、カロリーゼロにこだわる方というのは、カロリーのみならず
栄養の摂取をも疎かにしている可能性が高いですね。太らない代償として
健康や美容を犠牲にしてしまうのは、いかがなものでしょうか。

「けど、カロリーを減らさなかったら、いつまでも痩せられないでしょ?」

摂取カロリーをあまり減らさない分、カロリーをより多く消費する事に
注力すれば、そんな事はありません。カロリーを多く消費する方法といえば
運動ですが、↓の方法なら運動もほぼ必要ありません。

詳しくはこちらをクリック

食べても太らないダイエットの秘密はミトコンドリアにある


主に食生活を改めるだけの簡単なメニューをこなすだけで痩せる事が可能な
ダイエット、その秘密は何なのかといいますと・・・

ミトコンドリアです。

と言われましても、そもそもミトコンドリアって何?という話でしょうか。

続きを読む

太らないための食べ方を学ぶ


「若い頃は痩せていたのに、年を取るにつれて太ってきた・・・生活に大きな変化は無いのに・・・」そういった現象が起こりやすいのは、一体何故か?

人の身体は年を取るにつれ衰えるもの。それは見た目だけでなく中身も同じです。食事で得たエネルギーを消費する"代謝"の機能が加齢と共に衰えてゆき、徐々に脂肪が溜まりやすくなっていきます。ゆえに、生活に大きな変化が無くても太ってしまうのです。

続きを読む

食べないのに太る人、食べても太らない人の違い


いくら食べても太らず、スリムな身体を維持する人。その一方で、普段からあまり食べないのに太っている人。人によってこれほどの差が生じる理由は何故でしょうか。

まず、体が太る原因について考えてみましょう。体が太る主たる原因は、食事から得た栄養をきちんと消費できていない事です。食事を食べる→体内で消化吸収→栄養を消費、という流れの中で、どこか1つでもバランスが崩れると栄養過多になり、脂肪として体に溜まって太るわけです。

つまり、いくら食べても太らない人は、体内での消化吸収と栄養消費が活発であり、あまり食べないのに太る人は、その逆という事になります。


食べても太らない体質に改善して痩せるダイエット方法